【投稿者】 フィールドスタッフ 荒金 尚明

【住 所】 大分県別府市

【釣行日】 2019年08月04日

【釣り場】 大分県別府水産地筏

【釣り方】 ふかせ釣り

【魚 種】 真鯛

【使用した商品】

道糸ラプター3号、ハリスリュウガ2.5号


今回は筏からマダイを狙って来ました。
昨年、この時期にフィールドスタッフの石井さんが真鯛狙いに行かれていたのを思い出し、先週挑みましたが釣果なく、再度チャレンジしてきました!

現地に到着し、夜明けと共にしばらくはマキエの麦とボイルを撒き仕掛けをセット。

筏の際狙いで筏ロープで擦れて切れる事が多いポイントなので、ガチンコ勝負用に選んだのは道糸【ラプター3号】ハリス【リュウガ2.5号】で挑みます。

ツケエもボイルなので、【セミサスペンドのラプター】で同調を意識しながら仕掛けを入れ込んでいき、竿2本半ほど入った時に1投目からアタリ!
しかし、先手を奪われバラシしてしまいました‥‥‥。
しばらく仕掛けを打ち返しているとまた同じ棚でアタリ!

ロープに一直線に走りますが糸を一切出さず、足と竿裁きで浮かせて、無事50オーバーの真鯛を取り込みました!!


30分位後に40cm弱をタモ入れし、しばし打ち返していると竿一本ほど入っていたウキが急加速し、穂先まで引ったくられるアタリで竿が半分くらい海中へ!


普段なら糸を出し体制を立て直しますが、糸を出したら負けなので糸を一切出さず勝負します!
【ラプター】・【リュウガ】 の強度は分かっているので、ただ ひたすら耐えに耐え自己新の87cm/7.8kgの真鯛を取り込む事が出来ました!

その後は日が登り、気温も上昇しだしましたので午前中で納竿としました。

※画像はポップアップします

釣行レポートの画像1

釣行レポートの画像2

釣行レポートの画像3

釣行レポートの画像4